読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

charlotte

映画鑑賞が好きです。個性的と言われるのが好きです。

WORLD WAR Z


人類滅亡。
------------------------------------------------------
物語の序章とかなく、もう既にゾンビ化蔓延中という感じで
最後まで進んでいった印象があるけれど
手に汗に握る(?)面白さはありました。
映画は断然・字幕派なので、2Dで観てきたけど十分。

ゾンビ映画好きの私(?)としては、
ゾンビ映画には思えないような内容に
多分他の人も物足りなさを感じた気がする。
また、ジャンルもホラー映画という部類だけど
余程の怖がりさんじゃない限り
この映画をホラー映画だなんて言っていたら笑われるレベルだよ。

ところで、ジェリー家族が優先されたのはジェリーが
国連で活躍したからだろうけど、
「全人類に告ぐ、来るZデーに備えよ・・・」って
言われてもさ、家族の誰かに救助の優先順位の
高い人(偉い人・特別な職業の人)が居ないとさ、
全員助けや逃げ遅れでゾンビ化してしまいそうだよね。

セガン役の女性・Daniella Kerteszという女優さんが
印象的でした~あまり映画には出演してないのかな?

続きはもっとネタバレ↓

ウイルス学者の博士?は自分が持ってた銃の
暴発で死亡(暴発というより、引き金に触るなと言われていたのに
触ったから・・・って感じなのかな?滑って死んだ・・・)
乗せてくれた飛行機・・・いろいろ巻き添えにして
ゾンビから自分を守るため?手榴弾~飛行機爆発・・・。
墜落、腹に何か刺さってる~けど生還~からのWHO

まぁ~突っ込み所はまだまだあるけれど
何だかんだ色々とジェリーに関わった人物が
ジェリーのせいで死に、ゾンビ化したような感じで
物語も進行し、国連ジェリーの為に力を貸してくれた
おかげで(?)ゾンビ化を止めるというより
ゾンビに気付かれないようにするためのワクチンが開発され
なんとなく終焉?という終わり方。
もはや何でゾンビ化したのか謎のまま。

なので、Zデーに備えようがないのです。
なぜなら私の家族には
救助優先順位の高い職業の人は居ないから~

な~んてね(-_-)/~~~ピシー!ピシー!