charlotte

映画鑑賞が好きです。個性的と言われるのが好きです。

CARRIE(2013)


最もろしく、ない青春。
------------------------------------------------------
タイトルに(2013)を入れたのはオリジナル版ではないことを
証明するためであり、原題でも邦題でもありません。

予告編・・・本編出し過ぎ・・・ですが
オリジナル作品を知らないので観に行ってきました。
映倫の関係ですか?
死にザマが比較的控えめだったと思います。

ラストもオリジナルとは違うそうですし、
キャリーがスーのお腹の中の子を指して
「女の子よ」と言ったのにも理由があるのでしょうか。
ラストの墓地も違うようですね~
オリジナル版に興味があるので機会があったら見よう!

ホラー映画に分類されていますが
死にザマ的にはホラーでもないでしょう・・・。
かと言って、何の部類かは・・・。
キャリーの母親が歌うあの歌が奇妙で私は嫌いだなぁ~

スーを演じた"Gabriella Wilde"が綺麗ですなぁ~
トミーはつくづく災難だな・・・可哀想。

そして、キャリーもまた哀しい話だな。
あの小部屋に入れられたら普通の人間でも
何かしら不思議な力が備わりそうだもの。哀しすぎ。
けど、あの母親にこの子ありって感じで
裁縫のセンスは抜群なのね~
これは批判じゃないのよ。
ドレス手製は無理でしょう。普通は。
どうでもいいことが気になってしまいました。

でもこの映画の予告編ってほぼ本編なの。
予告編で観た映像はもろそのまま。